スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルムステークス最終見解

◎本命馬
リピーターが多い当レースに、一昨年2着時と同じローテで出走してきた。
昨年は、調整失敗のうえ、爪の弱いこの馬には不向きなやや重馬場で0.3差4着。
前走後は、ここを目標にじっくりといつもと同じパターンで調整。
直前の函館での追い切りの遅れは、1週前に栗東坂路で好時計を出しているので心配はない。
斤量も昨年から1kg減の56kgと恵まれた。
揉まれ弱いので、この枠も歓迎。
2頭の先行馬を見ながら、ハイペースで突き後続の脚を削って、粘り込んでもらいたい。
日西牧場もHBAサマーセール上場の2頭のためにも勝ち星が欲しいところだ。

〇対抗馬
器用に内を回る先行力からも札幌は合う。
早めのペースで逃げるならモンドクラッセは追走できまい。
調教からもデキの良さが伝わる。
気になるのは、鞍上が清水に遠慮する可能性があること。

▲モンドクラッセ
札幌1700mは3-0-0-0と高相性、マリーンSをパスしてここに出走してきた。
みやこSの敗因は、ハイペースとハッキリしているので、スローで逃げて、
ショウナン・クリノを内に封じ込めることができればおもしろい。
しかし、アグネスデジタルだけに、パサパサ馬場ではまだ全幅の信頼はおけないし、
当日7Rのモンドクラフト出走もこの馬の評価を下げさせた。
ショウナンとクリノに挟まれた枠にも運がない。

△ロワジャルダン
△ブライトライン

エルムステークス本命馬&対抗馬


人気ブログランキングへ
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。