スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宝塚記念】最終予想

キタサンvsノーザン軍団の様相だが、阪神内回り2200m適性、58kg耐性、上りの速い脚を使える馬を評価したい。

◎本命馬
前走の敗因は、距離もあるが、前々走で賞金獲得のためメイチ仕上げの反動だろう。
外厩帰りで好走する馬が、在厩仕上げであったことからも前走は度外視できる。
今回は、しがらき帰りで1週前に自己ベストを更新。
最終追い切りも、道悪ながらラスト1Fは11.6秒とキレた。
この産駒は道悪下手が多いが、この馬は変異種の可能性が高い。
阪神は3-0-0-0に加え、上りは鬼脚、得意な非根幹距離でこの鞍上なら勝負気配。

〇対抗馬
前走の敗戦は、馬体が寂しく見えた上に、不得手な左回りで走りずらそうに見えた。
得意の右回り、しかも阪神なら3-3-0-0で上りも速い。
重馬場の鬼と見ているので、馬場次第では頭もありそう。
宝塚で好走する産駒だが、休み明け3戦目という点は気がかり。

▲キタサンブラック
1番強いのはこの馬であることは間違いない。
問題は、ノーザン6騎が全てしがらき帰りで包囲網を敷いてきたこと。
また、大飛びなだけに重馬場がプラスに働くとは思えない。
加えて、春天~宝塚の連勝が難しいのが近代競馬、この馬はさらに前々走で大阪杯までも勝っている。
非根幹距離での取りこぼしも目立ち、ノーザン軍団に弱点のロングスパート戦に持ち込まれる可能性が高く単穴までの評価とする。

△ミッキーロケット
過去の戦歴からは、斤量負けする可能性は高い。
出遅れ癖もあり、ムラ駆けタイプなので信用もできない。
しかし、神戸新聞杯ではサトダイと接戦、日経新春杯では2kgのハンデがありながらシャケトラを撃破しているのも事実。
2年連続連対中のキンカメ産駒でもあり、3週連続一杯に追われてもいる、野田OW2頭出しだけに押さえておきたい。

△ゴールドアクター
非根幹距離でこその馬だが、近走成績からは衰えも感じる。
しかし、早くからこの春の目標をココに定め、攻め馬強化で勝負気配は感じる。
得意の少頭数で、背水の陣の横山が鞍上というのは不気味だ。

△レインボーライン
宝塚に強いステゴ産駒。
上りの速い脚も使え、阪神は2-0-0-0。
1週前に自己ベスト更新なら復調もありそう。
問題は、馬格がない馬に58kgという斤量。
鞍上もデムーロ、ルメール、福永に振られているだけに。

☆大穴馬
道悪の阪神内回り2200mは歓迎。
非根幹距離では、なぜか時々速い上りを繰り出す。
ノーザン軍団がロングスパート消耗戦に持ち込むなら、重~不良馬場前提で3着大穴候補。

シュヴァルグラン
どう考えても前走がメイチ、春天好走で宝塚凡走の典型的ローテ。
距離も足りず、苦手の内回りで人気なら消し。

サトノクラウン
種牡馬ビジネスを考えると、国内G1は喉から手がでるほど欲しいことは理解できる。
しかし、仕上がり不足、内回り苦手の冬馬が、この時期にココで好走するとは到底思えない。

宝塚記念の本命馬&対抗馬&大穴馬


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。