スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルモントステークス】最終予想

米3冠では、最もレベルの低いレース。
ケンタッキーダービー組の巻き返しに注意。
血統は、ミスプロ、ノーザンダンサー、APインディから。
枠は、内枠が望ましい。

◎本命馬
ケンタッキーダービー6着馬。
プリークネスS回避は、ケンタッキーダービー馬である僚馬オールウェイズドリーミングとの使い分けだろう。
枠にも恵まれ、過去10年2-4-1と抜群の成績を残すプレッチャーが、パッチと2頭だしなら勝負気配。
近3年、タピット産駒が好走しているのも追い風。

〇対抗馬
ウッドメモリアルSでは、プリークネスS馬クラウドコンピューティングを撃破。
ホーリーブルSでは、クラシックエンパイアをも撃破。
ケンタッキーダービー敗戦が、道悪にあったとすれば、勝ち切っても驚けない。

▲単穴馬
ケンタッキーダービー敗戦が、道悪と外枠にあったとすれば、G1馬だけに巻き返しはありそう。

△ツイステッドトム
出走メンバーを弱いと見たのか、追加登録料を払っての参戦、陣営の意気込みは買い。
重賞初挑戦は気がかりだが、内から逃げ残る可能性はある。

△ルッキンアットリー
ケンタッキーダービー2着、プリークネスS4着だが3連戦がどうでるか。
追い込み脚質のためかG1では、いつも勝ち切れない、疲労残りの不安のほうが大きい。

△シニアインベストメント
プリークネスS3着、この馬も追い込み馬だけに。

△マルチプライヤー
距離伸びて良さそう。
プリークネスSでは、シニアインベストメントと差のない競馬。
ここまで人気がなければ拾っておきたい。

エピカリス
挫石の影響でまともに調教もできないようでは。
JRAの手前、回避もできないということだろう。
無事に帰ってくることを祈る。

ベルモントステークスの本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。