スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャパンカップ】レース展望&人気馬考察

天候次第で着順は大きく変わるメンバー構成。
馬場はCコース替わりで枠も脚質にも有利不利のない状態だが、雨の影響次第で大きく変わる。
ペースは、直近2年はややハイから平均だが、基本的にはハイペースになりにくく、最低でも2分25秒台の持ち時計は欲しい。
秋天と比べて瞬発力勝負になりやすく、上りの早い脚を持つ馬に注意。
【好走条件】
血統:トニービン
馬齢:3歳、4歳、5歳
生産者:ノーザンF、社台F、白老F

リアルスティール
一番の課題は気性難。
前走も、装鞍できないほどイレ込みがありながら、G1で0.2差2着と地力の高さを証明した。
馬体は、長距離仕様に絞れてきており、前走好走のミルコに替えてムーアならノーザンの勝負はこの馬か。
最終追い切りが、軽ければ重い印を打ちたい。

キタサンブラック
逃げ馬の当レース戦績は1-0-0-30、唯一の券内は、ノーマークで逃げたタップダンス。
陣営も有馬狙いを公言しており、内先行有利な馬場に変貌しなければ好走は厳しい。

ゴールドアクター
掛かり癖があるので輸送の距離が短い府中は歓迎。
キレはないので、瞬発力勝負にはしたくない。
社台/ノーザンの包囲網をかわせるか。

ディーマジェスティ
厳しいローテながら、有馬ではなくココ出走はサトダイには勝てないとの判断からか。
間違いなく大外を回す鞍上なら、外差し有利な馬場でなければ厳しい。

シュヴァルグラン
典型的なステイヤー、瞬発力勝負では分が悪いが、スローからのロングスパート戦には強い。
内を回って差せるのは強みだが、この鞍上では、仕掛けが遅れ脚を余す可能性も高い。

レインボーライン
後半のポテンシャルは非凡。
瞬発力はあまり高くないので、厳しい流れの助けがあれば好走期待値は高い。

ルージュバック
エリ女不出走は不気味。
前走は、勝負どころでミルコに進路を塞がれ競馬をしていない。
スローからの瞬発力勝負限定だが、人気落ちなら積極的に拾いたい。

イラプト
昨年は、不利ありながらも0.3差6着。
体調が順調なら券内があっても驚けない。

ビッシュ
前走敗因は、輸送とスローペース。
タフな馬場は苦にしないのでペースが流れれば53kgは怖い。

ナイトフラワー
昨年は11着とはいえ、タイム差は0.5秒。
他の2騎と違い、出走するだけでは報奨金は貰えないので外国馬の中では本気度高そう。

穴馬1
前走トライアルは、内先行有利な馬場を追い込んで0.2差4着、一番強い競馬をしたのはこの馬。
瞬発力勝負になれば突き抜ける可能性も。

穴馬2
前走は、去勢明けをトップハンデで、直線は前が塞がる不利がありながら0.4差。
体調が戻れば、得意のタフな馬場と血統を味方に、昨年神騎乗の鞍上で一発の気配。

ジャパンカップの穴馬




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。