スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇賞(秋)】最終見解

ノーザン/社台が本気なら逆らうことはない。
ドゥラメンテとリオンディーズは不参加となったが、それでもノーザン7頭/社台1頭とまさにノーザンと社台の運動会の様相。
アンビシャスからはルメールを奪い、騎手も1頭を除いて1流どころを揃えてきた。
ネオリアリズムはマイルCSへ、マリアライトはエリ女へと使い分け戦略も万全だ。
ペースは、エイシンをめぐりクラレントとロゴタイプが競り掛けるなら遅くなることはあるまい。

◎本命馬
8枠とは言え、昨年と同じ馬番14番なら、それほど気にする必要はない。
本番でガラリ一変の厩舎、調教も文句なし。
今回は騎手に対して、乗り方を徹底指示で初戴冠を目指す。

〇対抗馬
勝負パターンの外厩帰り。
この馬は、中間の動きがそのまま本番に直結するが、今回はパンクが心配なほどの超絶調教。
しかし、ペースが速くなりすぎると、どこにもいない可能性も。

▲モーリス
ノーザンの本気度は、騎手の配置に表れている。
調教を見る限り、ココ狙いは明らか。
同厩のネオリアリズムを使ってこない点も気になる、ドゥラメンテの穴を埋められるか。

☆アドマイヤデウス
前走は、G1出走に向けメイチに見えたが、追い切りからは更に上積みが見込まれる。
不調の鞍上から頭は狙いにくいが、アドマイヤ3頭出しで勝負気配を感じる。

△アンビシャス
△サトノクラウン
△ラブリーデイ
エイシンヒカリ
クラレント、ロゴタイプも先行策を臭わせており、マイペースという訳にはいかない。
苦手の府中は避けたいところだが、馬主の意向では仕方がない、次走の香港カップでメイチというのが坂口の本音だろう。
乗替で勝ったアルテミスSは、ノーザンから武豊への損失補填とも受け取れる。

天皇賞(秋)の本命馬&対抗馬



















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。