スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菊花賞】最終見解

下り坂スタートということもあり、長距離戦のわりにスローペースになりにくい。
馬場は、差しも届くがやはり内有利に変わりない。
4角最速のロングスパート戦となり、3角~4角は好位の内がベストポジション、大外回しは不利。

◎自信の本命馬
長距離戦を見据えて、馬体を絞り、ダービー時と比較しても遜色ないメイチ仕上げ。
この産駒の当レース実績云々は、実力馬が出走していないだけで気にする必要はない。
現に昨年は、全兄ブラックタイドとこの産駒のワンツー。今年も、産駒未勝利であった、皐月・神戸新聞を制しそろそろの気配。
ノーザンも、マカヒキが凱旋門、引退したリオンディーズが神戸新聞⇒秋天の予定であったことから、この馬での戴冠を目論んでいる。

〇対抗馬
前走の脚を余して4着は当レースの好走パターン。
消耗戦に持ち込めば頭まで狙える。
前走のヘグリから、復調気味の鞍上も一発を狙っているだろう。

▲シュペルミエール
早い段階からココ狙いが伺える。
前走後は栗東に滞在し、追い切りには北村が駆けつけて本気度が漂う。

△レッドエルディスト
△ミッキーロケット
△ウムブルフ
△レインボーライン
ディーマジェスティ
パワー型で急坂コースが得意。
トップスピード比べでは分が悪く、京都の平坦コースはマイナス。
輸送を考慮してのことだろうが、軽めの調整も気になる。
出遅れ癖に、大外回しとなると取りこぼす可能性もあり、当日の気配次第では消しも念頭に。

菊花賞の本命馬&対抗馬



















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。