スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【京都大賞典】最終見解

天候は回復傾向なら、馬場はある程度早くなるだろう。
展開は、逃げるヤマカツを2番手でキタサンが追走し、淡々とした流れ。

◎本命馬
調教を4F追いに戻し、1週前には自己ベストを楽に更新。
道中は好位を内で追走、直線で早めに抜け出せば勝機はある。
しかし、ペースが速くなるようだと取りこぼしもありそう。

〇対抗馬
◎とは逆にハイペースになるようであれば、頭を狙える。
中間、速い時計をだしていない点が気がかり。

▲キタサンブラック
本番は、JCと有馬。
各馬にマークされる立場をトライアル仕様では、不安が残る。

△アドマイヤデウス
△タマモベストプレイ
△サウンズオブアース


おまけ【マイルチャンピオンシップ南部杯】

タルマエは、ココを叩いてJBC狙い。
レーザーには、距離長く残りのJRA3頭に狙いを絞る。
◎コパノリッキー
〇アスカノロマン
▲ベストウォーリア

京都大賞典の本命馬&対抗馬




















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。