【優俊牝馬】最終予想

土曜の芝を見る限り、やはり馬場は高速。
したがって、ハービンジャー4騎は黙って消し。
生産者は、社台/ノーザン、血統はサンデー、上りの早い脚を使える馬が中心。
逃げ馬不在で、ペースが鍵となりそう。

◎本命馬
前走は、タフな馬場でマイルのスピードについて行けなかった。
最後は、大外を回って追い込みにかかるが時既に遅し。
まあ、ラスト1Fは全く追われていないので疲労残りの心配はないだろう。
府中の3F戦なら、間違いなく確実な末脚を繰り出す。

〇対抗馬
前走は、仕上がり不足、不利な14番枠に加えてオークス試走のため先行策をとりながらもタイム差なし3着と負けて強し。
過去5戦全戦左回りで、桜花賞もパスならココ目標は明らか。
ディープ産駒だけに、差しに戻れば頭も狙える。

▲単穴馬
前走は、落鉄の噂もあり、飛びが大きいため、馬場に泣いた。
レベルの高かった前々走では、休み明けながら上り最速でリスグラシューを撃破。
この鞍上なら、大外を回ってくるので直線の不利もないだろう。

△ソウルスターリング
△ホウオウパフューム
△ブラックスビーチ
△リスグラシュー

優俊牝馬の本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

【ヴィクトリアマイル】最終予想

内から乾き始めた馬場、内も外も差しが決まりそう。
牝馬戦だけに、4連戦目の馬は評価を下げる。

◎本命馬
現役牝馬No.1が、銭形が浮くほどに仕上げてきた。
過去、13戦して券外になったのはジャパンカップと有馬記念のみなら軸はこの馬でいい。
ただ、前走を勝ち切ってしまった点は不満で、こういう本格派の馬はココで取りこぼしもある。
仕上げすぎで2着ということはありそう。

〇対抗馬
エリ女勝ち馬だが、本来はマイラー。
前走は、落鉄が原因とすれば外厩帰り2戦目のココは好走パターン。
フケでないことを祈る。

▲単穴馬
前走は、どうもココを見据えた試走に見える。
最後のG1捕りチャンスに向け、陣営は必至。

△ジュールポレール
△アスカビレン
△フロンテアクイーン
スマートレイヤー
前哨戦を疲労で使えなかったのは痛い。
武との相性もイマイチで、輸送も苦手、人気なら消してみたい。

ヴィクトリアマイルの本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ

【NHKマイルカップ】最終予想

高速馬場適性を最重要視したい。
クラシック組とマイル路線組の力関係はどうか。
GW渋滞輸送から、輸送経験のない馬は割り引く。

◎本命馬
クラシックに目もくれず、ココ目標なのは好感が持てる。
前走は試走であることは明らか、敗戦で人気落ちの今回はおいしい。
レーヌミノルを物差しすれば、マイルなら圧勝もある。

〇対抗馬
前走は、負けて強しの内容、左回りなら本領発揮だろう。
なんといっても、マイルの持ち時計は出走メンバー随一。
この鞍上では、どんな策をとるのか不安だが、好位を追走してもらいたい。

▲単穴馬
ココ狙いの臨戦過程。
勝ちきれない分だけ、評価を落としたが、勢いのある鞍上ともども好走を期待したい。

△アウトライアーズ
△プラチナヴォイス
△タイムトリップ
△ディバインコード
カラクレナイ
府中1600は長すぎるし、大外一気の追い込みが決まるバイアスでもない。
前走、前々走でメイチ仕上げで、もうおつりはない。
パワータイプ、出負け癖、初輸送とマイナス要因が多すぎる。

NHKマイルカップの本命&対抗&単穴馬


競馬ブログランキングへ

【天皇賞春】最終予想

◎本命馬
もともとサトダイと並ぶ高素質馬。
好枠なら2強撃破に期待してみたい。

〇対抗馬
枠にも恵まれたなら、逆らわないほうがよさそう。
ノーザンの包囲網をかわせるか。

▲穴馬
この枠では強くは狙いえない。
JRAは、この馬に勝たせたくないということか。

△シュヴァルグラン
△アルバート
△トーセンバジル
△レインボーライン

天皇賞春の本命&対抗&穴馬


競馬ブログランキングへ

【皐月賞】最終予想

ローテ重視。
3枠~6枠はマイナス。
馬場は、最終週だが先週までとはうって変わって、高速馬場に仕上っている。
JRAとしては、高速適性のない馬、大外を回してくる馬には勝たせたくないのだろう。

◎本命馬
ローテーションは、文句なくこの馬が一番。
中間の調整も、1週前、直前ともに猛時計。
馬体も、銭形が見られ体調も良さそう。
使える脚は、そう長くはないが、この馬に限っては鞍上も得意の大外回しを封印している
ので問題はない。
懸念は、出負け癖とサウスポーの疑いがある点。

〇対抗馬
前走は、8分の仕上げを体調不良でも上り最速で完勝。
距離不足のトラスト出走もなにやら臭う。
中間も順調そのものなら頭も狙えるか。

▲アウトライアーズ
前走は、不評のテキ自ら調教の影響かパドックはイマイチ、それでも負けて強しの内容。
折り合いも、ペースは早くなりそうなので心配ないだろう。
田辺が、中山2000の京成杯勝ち馬を蹴ったのも追い風。
NHKマイルと両睨みは気になるが、内から馬群を縫って、突き抜ける可能性はある。

△カデナ
△ペルシアンナイト
△アルアイン
△アダムバローズ
ファンディーナ

皐月賞の本命馬&対抗馬&ファンディーナ評価


競馬ブログランキングへ

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR