スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャパンダートダービー】最終予想

外枠有利。
位置取りは、先行有利で好位差しまでで決まる、逃げ馬と極端な追い込み馬は苦戦傾向。
4角では中盤より前に位置取り、上りの速い脚をつかえる馬が狙い。

◎本命馬
前走の大敗は気になるが、初の長距離輸送と中4週というローテが原因だったとすれば、サンライズノヴァ、キャプテンキング、ローズプリンスダムを千切っている実績を素直に評価したい。

〇対抗馬
相性のいい京都1800mの勝馬、勝ち時計も古馬1000万下を上回る。
前走後は、ここに狙いをすました調整過程、加えて大井2000mに乗りなれた鞍上確保で勝負気配。

▲単穴馬
過去5年で2-2-1-0の1人気が、この好枠では逆らわない方がいいか。
上りの速い脚も魅力、ただし距離短縮で好走してきた点はマイナス。

△タガノディグオ
△ヒガシウィルウィン
△サンライズソア
△ノーブルサターン

ジャパンダートダービーの本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

【帝王賞】最終予想

5人気以内で決着する固いレースだが、今年はドバイ帰りが3頭。
遠征組の疲労残りを考慮して8人気以内の決着と考えたい。
4コーナー3番手以内が勝ちポジションだが、複勝券内であれば差し馬も台頭する。
今年は、先行馬が多く、時計次第では差しも決まるか。
馬齢は、4歳から6歳が優勢。
馬場は、重~不良と推測、大井は雨でも時計の掛かる馬場。
ドバイ勢は、不安要因大きく評価を落とす。

◎本命馬
かしわ記念を使って来なかった点は気になるが、今年の早い段階からココ直行を表明しており問題はない。
一昨年は同舞台の東京大賞典を勝ち、昨年のココは3着だが、先着されたコパノ、ノンコは不出走。
昨年の東京大賞典で負けた、アウォーディーとアポロがドバイ帰りなら実力は実質この馬が一番か。
脚質的に、届かない可能性もあるが、出戻りの鞍上は気合が入っていることは間違いない。

〇対抗馬
先行できないともろいが、川崎記念ではサウンドトゥルー、ケイティブレイブを撃破。
5歳馬に、この鞍上なら一発もあるか。

▲単穴馬
地方向きだが、JRA勢では唯一のG1未勝利馬。
行き脚は、オールブラッシュより上だと思うが、コパノ回避で滑り込み出走と鞍上込みでひとつ評価を落とす。

△アウォーディー
先行しながらも速い脚を使うので、向う正面から捲り気味に上がって3角から勝負に行くだろう。
7歳だが、目立った新興勢力もいないココでは実力1番だが、ドバイ帰りが不安。

△クリソライト
地方戦に強いが、もまれ弱いので、外枠が欲しかった。
前走は、内枠からまさかの追い込みで脚質に幅ができたのはプラス。
大井でこの鞍上なら乗り変わりも気にならず、この馬の出方が鍵になりそう。
相性のいいリピーター、近3走の成績からも見限れない。

☆ウマノジョー
地方馬ながら、成長が期待できる4歳馬。
ドバイ勢が総崩れなら3着はあるか。

ゴールドドリーム
好走パターンは芝スタートコース。
ドバイ帰りで、距離も不安。

アポロケンタッキー
昨年、同舞台の東京大賞典では、アウォーディー、サウンドトゥルーを撃破。
しかし、レース後にデキサメタゾン検出。
ケチのついた馬が、ドバイ帰り、しかも叩き良化型の大型馬なら見送りが正解だろう。

帝王賞の本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ

【宝塚記念】最終予想

キタサンvsノーザン軍団の様相だが、阪神内回り2200m適性、58kg耐性、上りの速い脚を使える馬を評価したい。

◎本命馬
前走の敗因は、距離もあるが、前々走で賞金獲得のためメイチ仕上げの反動だろう。
外厩帰りで好走する馬が、在厩仕上げであったことからも前走は度外視できる。
今回は、しがらき帰りで1週前に自己ベストを更新。
最終追い切りも、道悪ながらラスト1Fは11.6秒とキレた。
この産駒は道悪下手が多いが、この馬は変異種の可能性が高い。
阪神は3-0-0-0に加え、上りは鬼脚、得意な非根幹距離でこの鞍上なら勝負気配。

〇対抗馬
前走の敗戦は、馬体が寂しく見えた上に、不得手な左回りで走りずらそうに見えた。
得意の右回り、しかも阪神なら3-3-0-0で上りも速い。
重馬場の鬼と見ているので、馬場次第では頭もありそう。
宝塚で好走する産駒だが、休み明け3戦目という点は気がかり。

▲キタサンブラック
1番強いのはこの馬であることは間違いない。
問題は、ノーザン6騎が全てしがらき帰りで包囲網を敷いてきたこと。
また、大飛びなだけに重馬場がプラスに働くとは思えない。
加えて、春天~宝塚の連勝が難しいのが近代競馬、この馬はさらに前々走で大阪杯までも勝っている。
非根幹距離での取りこぼしも目立ち、ノーザン軍団に弱点のロングスパート戦に持ち込まれる可能性が高く単穴までの評価とする。

△ミッキーロケット
過去の戦歴からは、斤量負けする可能性は高い。
出遅れ癖もあり、ムラ駆けタイプなので信用もできない。
しかし、神戸新聞杯ではサトダイと接戦、日経新春杯では2kgのハンデがありながらシャケトラを撃破しているのも事実。
2年連続連対中のキンカメ産駒でもあり、3週連続一杯に追われてもいる、野田OW2頭出しだけに押さえておきたい。

△ゴールドアクター
非根幹距離でこその馬だが、近走成績からは衰えも感じる。
しかし、早くからこの春の目標をココに定め、攻め馬強化で勝負気配は感じる。
得意の少頭数で、背水の陣の横山が鞍上というのは不気味だ。

△レインボーライン
宝塚に強いステゴ産駒。
上りの速い脚も使え、阪神は2-0-0-0。
1週前に自己ベスト更新なら復調もありそう。
問題は、馬格がない馬に58kgという斤量。
鞍上もデムーロ、ルメール、福永に振られているだけに。

☆大穴馬
道悪の阪神内回り2200mは歓迎。
非根幹距離では、なぜか時々速い上りを繰り出す。
ノーザン軍団がロングスパート消耗戦に持ち込むなら、重~不良馬場前提で3着大穴候補。

シュヴァルグラン
どう考えても前走がメイチ、春天好走で宝塚凡走の典型的ローテ。
距離も足りず、苦手の内回りで人気なら消し。

サトノクラウン
種牡馬ビジネスを考えると、国内G1は喉から手がでるほど欲しいことは理解できる。
しかし、仕上がり不足、内回り苦手の冬馬が、この時期にココで好走するとは到底思えない。

宝塚記念の本命馬&対抗馬&大穴馬


競馬ブログランキングへ

【ベルモントステークス】最終予想

米3冠では、最もレベルの低いレース。
ケンタッキーダービー組の巻き返しに注意。
血統は、ミスプロ、ノーザンダンサー、APインディから。
枠は、内枠が望ましい。

◎本命馬
ケンタッキーダービー6着馬。
プリークネスS回避は、ケンタッキーダービー馬である僚馬オールウェイズドリーミングとの使い分けだろう。
枠にも恵まれ、過去10年2-4-1と抜群の成績を残すプレッチャーが、パッチと2頭だしなら勝負気配。
近3年、タピット産駒が好走しているのも追い風。

〇対抗馬
ウッドメモリアルSでは、プリークネスS馬クラウドコンピューティングを撃破。
ホーリーブルSでは、クラシックエンパイアをも撃破。
ケンタッキーダービー敗戦が、道悪にあったとすれば、勝ち切っても驚けない。

▲単穴馬
ケンタッキーダービー敗戦が、道悪と外枠にあったとすれば、G1馬だけに巻き返しはありそう。

△ツイステッドトム
出走メンバーを弱いと見たのか、追加登録料を払っての参戦、陣営の意気込みは買い。
重賞初挑戦は気がかりだが、内から逃げ残る可能性はある。

△ルッキンアットリー
ケンタッキーダービー2着、プリークネスS4着だが3連戦がどうでるか。
追い込み脚質のためかG1では、いつも勝ち切れない、疲労残りの不安のほうが大きい。

△シニアインベストメント
プリークネスS3着、この馬も追い込み馬だけに。

△マルチプライヤー
距離伸びて良さそう。
プリークネスSでは、シニアインベストメントと差のない競馬。
ここまで人気がなければ拾っておきたい。

エピカリス
挫石の影響でまともに調教もできないようでは。
JRAの手前、回避もできないということだろう。
無事に帰ってくることを祈る。

ベルモントステークスの本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ

【安田記念】最終予想

馬場適性、58kg好走経験、ペースが鍵を握る。
まずペースだが、先週のダービーが、ドスローで物議を醸しているだけにスローはない。
平均~ややハイと想定し、スローの瞬発力勝負馬は消し。
また、当レースは58kgという斤量も大事なファクターで、斤量負けする馬も消し。
当然、高速適性のない馬も評価を下げる。
リピーター、社台F生産馬に注意。

◎本命馬
調教師と騎手で渋るOWを説得しての参戦。
安田戴冠経験のある調教師が、昨春から参戦を予定していたなら勝ち負けは必至。
高速適性に優れており、マイル王不在の日本馬には負けない。
ただ、スローの出発力勝負になってしまうと、日本馬に分がありそう。
馬体は、500kgは維持してほしい。

〇対抗馬
同厩フィエロを回避させての出走は大いに気なる。
前走メイチのはずだが、宝塚をパスして、この調教師が厩舎仕上げなら、今回もメイチと見た。
マイルの追走が心配だが、前走で先行しているだけに問題はなかろう。

▲単穴馬
前哨戦を使えなかったことは気になるが、昨年同様山元帰りなら心配はないだろう。
昨年の安田以降、体調を上げてきており、去年より馬を追い込んだ調整は好感が持てる。
あまり長くは脚を使えないが、好位に取り付き、仕掛けどころを間違わなければ必ず好走する。

☆イスラボニータ
社台F参戦が目立つ当レース、総大将はこの馬だろう。
鞍上が鞍上だけに軽視はできない。
ただ、中山を嫌って、前走を勝ちに行った点は不満、マイラーズC好走組はココを凡走するのが常。
今走で、外厩を使えなかったのがどうでるか。

△コンテントメント
△エアスピネル
△クラレント

安田記念の本命&対抗&単穴


競馬ブログランキングへ

プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。