【阪神ジュベナイルフィリーズ】人気馬診断

ソウルスターリング
皐月・ダービーを見据えた注目のフランケル産駒、社台Fの大将はこの馬。
馬体には、銭形が浮いて調子は良さそう。
輸送と厩舎の十八番ゆとり調教でどうか。

リスグラシュー
好ローテ。
フローレスマジック不参戦は何かキナ臭い。
武の秋天損失補填馬なので桜花賞で厚く狙いたいが、戸崎を配してきたならココも勝負気配。

ジューヌエコール
3戦全勝馬、その3戦全てで上がり最速。
前々走は、出遅れても差し切り、前走は牡馬相手に重賞を制してきた。
阪神外回り適性と鞍上が不安要素。

レーヌミノル
血統は、阪神1600向き。
逃げてレースを支配するようなら面白い。
1400でも折り合わない気性と手が合いそうにない鞍上でどうか。

ヴゼットジョリー
2戦全勝馬、この馬も全戦で上がり最速。
前走がメイチで疲労残りか、馬体は細化して見える。
最終追い切りが、軽めなら軽視したい。

穴馬1
前走は、休み明けに加えて、内先行有利な展開を差して0.1差。
人気落ちのココは厚く狙いたい。

穴馬2
前走は、掛かりっきりでも最後は差してきた。
しがらき帰りで不気味な存在。

阪神JFの穴馬




スポンサーサイト

先週の結果

チャンピオンズカップ

勝ったのは◎サウンドトゥルー。
厩務員と調整方法を変えて復調。
ハイペースは持ってこい、スローでも好位から確実に末脚を繰り出す。
東京大賞典でも好走を期待したい。
2着はアウォーディー。
田辺の騎乗を見る限り、ノースヒルズ3頭出しでヤリだった。
チーム戦略を読み切れなかったのは悔しい。
3着は▲アスカノロマン。
体調さえ戻れば、やはり、このコースは走る。


ステイヤーズステークス

勝ったのは◎アルバート。
瞬発力勝負にならずにステイヤー向きの展開なら納得の結果。
2着は△ファタモルガーナ。
メンバーに恵まれた感はあるが、ステイヤーの面目躍如。
3着が〇モンドインテロ。
出遅れで大外回しでは。
最後に脚が上がっていたところを見ると、3600はさすがに長いか。


金鯱賞

勝ったのは△ヤマカツエース。
ハイペースでこその馬と思っていたが、スローの上り勝負で強い競馬。
馬体を戻して、キンカメの血が騒いだか。
2着は△パドルウィール。
スローペースを内々追走の好騎乗。
ローテからはヤリだったが、今回はすべてが嵌った。
3着にシュンドルボン。
前走メイチで評価を下げたが、スローの上り勝負でこの斤量なら好走も驚けない。
3着同着が◎サトノノブレス。
前走の疲労残りとペースに泣いた。
G2までなら引き続き厚く狙いたい。

阪神JFの注目馬





【チャンピオンズカップ】最終予想

◎本命馬
逃げるモンドをコパノが突く展開。
コパノがレースを支配するなら、ペースはスローにはならない。
ならば、この距離で抜群の安定感を持つこの馬から入りたい。
調教は、東京大賞典時の坂路に変更して勝負気配。
その追い切りでは、馬なりで自己ベスト更新と体調もよく、お灸をすえられた鞍上なら大外一気はあるまい。

〇モーニン
マイラーだが、6~8枠では4-0-0-0、揉まれ弱いこの馬には絶好枠を引き当てた。
レコードで千切ったフェブラリーを忘れてはいけない。

▲アスカノロマン
調教からはガラリ一変の気配。
相性のいいこのコースで、人気落ちならおいしい。

△ノンコノユメ
△コパノリッキー
△ゴールドドリーム
△アポロケンタッキー
危険な人気馬
この馬は2走毎の休養ローテで好走、しかし、今回は3連戦目。
また、砂をかぶったり、内で揉まれるのを嫌がるのか、いつも馬群の外を追走するこの馬にこの馬番がいいわけがない。
走る気がないのか、遊んでいるような調教で人気なら思い切って消す。

チャンピオンズカップの本命馬&危険な人気馬




【ステイヤーズステークス】【金鯱賞】最終予想

ステイヤーズステークス

◎本命馬
高速馬場でなければ、この距離の信頼性は高い。
瞬発力勝負にさえならなければ軸は固い。

〇モンドインテロ
札幌日経オープンでは、トゥインクルを撃破。
地力は◎に一枚劣る。

△タマモベストプレイ
△ファタモルガーナ
△ジャングルクルーズ


金鯱賞

◎本命馬
中京2000のG2なら、大将格。
瞬発力勝負にさえならなければ。

〇ヴォルシェーブ
賞金加算したいココは鞍上からも勝負気配。
ペースが流れたときには末脚が不発の可能性もある。

△レコンダイト
△パドルウィール
△デニムアンドルビー
△リアファル
△ヤマカツエース

ステイヤーズS&金鯱賞の本命馬




【チャンピオンズカップ】有力馬診断

アウォーディー
現在6連勝中、実力はNo.1だろう。
ペース、展開不問だが、唯一の不安はスローからの瞬発力戦か。
気がかりは、馬柱が綺麗すぎる点、直近2戦は関東遠征で疲労がたまる頃合い。

ノンコノユメ
サウスポーで、地方より中央の馬場が合う。
馬体の回復次第では、ココでも通用しそうだが、もう少し時間がかかるか。

ゴールドドリーム
3歳馬は苦戦の当レースだが、時計勝負になれば斤量有利。
出遅れと前走で格下馬に敗戦は気がかり。

コパノリッキー
前走は、レコード激走後の反動か。
先行勢は多いが、ペースを支配できれば頭もある。

モーニン
脚抜きのいい馬場歓迎。
外枠を引ければ、人気落ちの今回は買い時。
距離短縮臨戦で好成績を残してきた馬が、距離延長で臨む今回は。

サウンドトゥルー
1800m戦は3-1-5-0と抜群の安定感。
芝スタート苦手なので、このコースは歓迎。
しかし、スローペースでは危うい面も。

穴馬1
中京1800の適性は高く、展開も不問。
復調してくれば侮れない。

穴馬2
前走は、たたき台仕様でも上り最速。
展開が向けば、一気に突き抜ける可能性も。

チャンピオンズカップの穴馬




プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR