【皐月賞】最終予想

ローテ重視。
3枠~6枠はマイナス。
馬場は、最終週だが先週までとはうって変わって、高速馬場に仕上っている。
JRAとしては、高速適性のない馬、大外を回してくる馬には勝たせたくないのだろう。

◎本命馬
ローテーションは、文句なくこの馬が一番。
中間の調整も、1週前、直前ともに猛時計。
馬体も、銭形が見られ体調も良さそう。
使える脚は、そう長くはないが、この馬に限っては鞍上も得意の大外回しを封印している
ので問題はない。
懸念は、出負け癖とサウスポーの疑いがある点。

〇対抗馬
前走は、8分の仕上げを体調不良でも上り最速で完勝。
距離不足のトラスト出走もなにやら臭う。
中間も順調そのものなら頭も狙えるか。

▲アウトライアーズ
前走は、不評のテキ自ら調教の影響かパドックはイマイチ、それでも負けて強しの内容。
折り合いも、ペースは早くなりそうなので心配ないだろう。
田辺が、中山2000の京成杯勝ち馬を蹴ったのも追い風。
NHKマイルと両睨みは気になるが、内から馬群を縫って、突き抜ける可能性はある。

△カデナ
△ペルシアンナイト
△アルアイン
△アダムバローズ
ファンディーナ

皐月賞の本命馬&対抗馬&ファンディーナ評価


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

【桜花賞】最終予想

馬場状態は微妙、やや重程度での出走か。
展開は、サロニカの回避で、ショーウェイに競掛ける馬はいない。
となれば、ペースは必然的にスローで、最後は直線の追い比べ。
ローテは、チューリップ賞組と外厩組を上位に評価。

◎本命馬
7頭を出走させてきたなら、ノーザンはココを獲りにきたと見るべきだろう。
トライアルの前走は、8分のデキながら、平均ペースの中でも33.6の末脚で完勝。
特筆すべきは前々走で、牡馬カデナ、アウトライアーズを撃沈。
枠良し、33秒の末脚も使えるとなれば、ノーザンの大将はこの馬。
調教からは、上積みも期待される。
唯一の不安は、クイーンCからというローテだが、必殺のしがらき調整で払拭する。

〇対抗馬
天栄から帰ってからは、足元の不安がなくなり、調整を強化してきた。
前走も、出遅れを考えれば◎とは勝負づけは済んでいない。
クイーンCからの参戦とはいえ、そろそろノーザンの外厩は対応してきても驚けない。
問題は、阪神への初輸送、当日のパドックで馬体を確認したい。

▲ソウルスターリング
マイルなら、まともに走ればこの馬が勝つ確率が高いのだろう。
しかし、中間の調整からは、前走の疲労が懸念され、再度の阪神輸送がいいわけがない。
初の在厩調整というのも気になる。
この枠では外に壁を作れずに掛かる懸念があり、ノーザン軍団に外々を回される危険性も。

△ジューヌエコール
△リスグラシュー
△カラクレナイ
△ミスパンテール

桜花賞の本命馬&対抗馬


競馬ブログランキングへ

【レース回顧】大阪杯

勝ったのは▲キタサンブラック
想定内のスローを5F戦に持ち込み、4角手前で好位から抜け出す強い競馬。
春天、宝塚を見据えて8分程度の仕上げと読んでいたが、昨年戴冠している春天は軽視している可能性も出てきた。
強さは認めても次走は評価を1つ下げたい。

2着に△ステファノス
藤原の本番仕上げには脱帽。

3着は◎ヤマカツエース
やはり強くなっている。
もう少し前目のポジションが取れれば2着はあったか。

桜花賞の本命&穴馬


競馬ブログランキングへ

【大阪杯】最終予想

春天、宝塚、QE2が控えているだけに陣営のホンキ度が勝負の行方を左右する。
脚質は、キレよりもパワータイプを評価したい。
ペースは、マルターズ、ロード、キタサンという顔ぶれならハイペースには
ならないだろう。

◎本命馬
明らかにココ狙い。
阪神は0-0-0-4だが、コーナーワークが上手く内回り適性は高そう。
長く使える脚も、阪神内回り2000にはピッタリ。

〇サトノクラウン
京都記念の疲労残りと距離は不安だが、パンパンの馬場でなければ、鞍上ともども1発ありそう。
香港QE2のたたき台でないことを祈りたい。

▲キタサンブラック
ココ目標とは思えず、ぶっつけ参戦でもあるが、さすがに券外は想像できない。

☆穴馬
ハイペースでは洋梨だが、中間の雨で時計が掛かるようなら面白い。
キタサンをマークできる枠も歓迎で、長く使える末脚は脅威。

△ステファノス
△アンビシャス
△マカヒキ




【フェブラリーステークス】最終予想

◎本命馬
距離適性、馬齢、調教、生産者、鞍上からマイナス要素が一番少ないのがこの馬。
特に、府中1,600を意識した入念な調整は好感が持てる。
G1で足りるかという格が気にはなるが、新陳代謝が進んでいる現在のダート界なら、4歳の成長力に期待したい。

〇対抗馬
調教を見る限り、前走は明らかに捨てレース。
良馬場は歓迎、順調にきている今回は侮れない。

▲ベストウォーリア
府中マイルは少し長いが、ペースが流れれば怖い存在。
同厩舎同馬主2頭出しだけに、頭はないとしても紐には押さえたい。

☆ノンコノユメ
昨年の当レース以来、ようやく得意のワンターン競馬。
強気の陣営からも、まだ見限るのは早計だろう。

△サウンドトゥルー
△カフジテイク
△エイシンバッケン
×モーニン
調教からは復調気配が感じられるが、筋肉量はまだ全盛期には及ばない。
ヘニーヒューズだけに早熟の可能性も高く、良馬場、内枠で人気なら馬券的妙味はない。

フェブラリーSの本命馬&対抗馬




プロフィール

Livewire

Author:Livewire
当たる予想ならライヴワイヤーにお任せ!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR